クリームバスとはインドネシア由来の髪の美容法です

クリームバスとは、現在からおよそ4世紀ほど前の1600年代のインドネシアのバリ島が発祥とされている、髪や頭皮を含む頭部全体の美容法となっています。

その時代のインドネシアでは髪を綺麗に美しく保つことは女性にとって名誉なこととされており、そのための技術が研究されてきたのです。当初は特権階級などの一部の裕福な人たちだけの美容法でしたが、その効能の良さから徐々に庶民の間にも広く普及していきました。

1700年代には欧米地方で普及していたマッサージの知識や技術を取り込み、さらに現在までに不断の研究と努力が重ねられ、いまのようなクリームバスの様式が確立されました。

インドネシア地方でおこなわれている髪と頭皮の美容法であるクリームバスとは、水で綺麗に洗浄した頭部に特製のクリームを存分に塗布してマッサージする方法のことです。

このクリームには髪にとっての栄養分や特殊な美容成分がふんだんに練り込ませてあり、それらをしっかりと定着させるために首筋から頭頂部までゆっくりとマッサージしていきます。

その後、頭に蒸気を当てて、クリームを洗い流して終わりとなります。現在では日本にも広く普及しているクリームバスとは、アロエやアボガドなど様々な果物や植物に含まれる成分を配合したクリームを使用しています。またこのクリームには日本にはない、インドネシアのみにある果物や植物の成分も配合されており、頭皮や髪にリラックス効果をもたらすとされています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *